犬にあったフェラリア薬錠剤?チュアブル?滴下?の選び方

愛犬をフィラリアから守る予防のお薬はいろんな種類があります。錠剤、チュアブル、スポットオン(滴下)どれを選べばいいのかわからないし迷いますね。そこで今回はフィラリアの薬錠剤?チュアブル?滴下?の選び方をまとめてみました。

愛犬にあうフィラリア薬の選び方!!

フィラリア薬の形状は主に3つです。

錠剤、チュアブル、スポットオン(滴下)

どのフィラリア薬が愛犬にあうのかしらべていましょう。

どのタイプのフィラリア薬があなたの愛犬にあいそうですか?

チュアブル型

チュアブルタイプはビーフやチキン味が付いており大抵の犬は自ら進んで食べてくれますが肉類にアレルギーが犬には注意が必要です。チュアブルタイプは多くがビーフやチキンが含まれているのでよく確認してください。。

錠剤型

錠剤型は、好物に混ぜて自分で食べてもらうか、口を開いて喉に押し込んで投与します。好物に包んでしまえばなんでも食べてくれる犬や簡単に口を開ける子にはには錠剤がオススメです。価格も比較的に安い薬が多いです。

滴下型

肉アレルギーや味で食べてくれない犬や薬が苦手な犬には滴下型が楽です。フィラリア予防だけを考えるならどれでも構わないので、まず比較的低価格な錠剤型を試して、飲んでくれなかった場合にチュアブル型や滴下型を試してみるのがいいと思います。。

フィラリアだけを予防?その他の寄生虫もついでに予防駆除しますか!?

フィラリアの薬には、フィラリアだけを予防してくれる物と、他の寄生虫ノミやダニも一緒に駆除できる物の2つのタイプがあります。
安心と思われる室内飼いの犬や猫にも思わぬところから寄生するので注意が必要です。ノミダニ予防を単独で行わないのであれば、ノミダニ予防もできるフィラリア予防薬を使用すると便利です。
予防目的で最初から投与しておくのもいいですが、消化器官の寄生中(犬回虫、犬鈎虫、犬鞭虫)は定期的に糞便検査をし寄生していないことが確認できていれば必須ではありません。
フィラリア予防薬に使用されている有効成分には、マクロライド類と呼ばれる物があります。イベルメクチンを有効成分として含む予防薬は、基本的にはコリー系や離乳前の子犬には投与しない方が良いと思われます。
※かかりつけの獣医に相談してから決めるのがいいと思います。

主な犬用のフィラリア薬一覧

ストロングハートプラス(チュアブル)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ